ETCカードのみでは高速料金割引は適用されない

 ETCカードのみを持っていても車に装着していないと高速料金割引は適用されません。ETCカードは車種(車のナンバー等の情報)と紐づいているために高速道路でETC専用レーンを通ったときにそれが普通車であるのか軽自動車、トラックであるのかが判別され課金されるからです。私がそれを知ったのは経済的な事情から車を手放した時からずいぶんたってからでした。父の車(ETC搭載なし)で遠出をしようとして念のため調べたら、高速料金割引の適用ができないとかかれてありました。ただ、ETCカードのみを出して決済をすることはできるようです。正規の高速料金を請求されますが。ETCの会社にはこの辺どうにかして欲しいものです。ETCカードを持つ意味と車やバイクの乗換時に割引の適用ができたりできなかったりは不便です。 現段階ではETCカードは課金用のキャッシュカードみたいなもので車についている本体に車の情報が登録されており、本体と高速道路のETCの機械とが通信しています。ETCカードを直接見せて高速道路を通る場合に人間の目で車種を登録してもらえれば割引できるとかして欲しいです。たしかにETCのゲート自体には人間が張り付いている必要がないので人件費の削減に寄与します。しかし、ETCゲートを通るためには車線変更と時速30km/h以下までの減速が必要です。いちいち料金所の人にお金を払うことを考えるとスムーズに流れることには違いありませんが、低速での通過なのでどちらにしても料金所は渋滞の温床なのです。しかし、料金所の人に現金を払うことを考えると処理が格段に早くなるので料金所の人の作業も楽だし、車の流れも今までよりかはスムーズになるかと思うのです。

お金かしてください!っという言葉

お金かしてください 「お金かしてください!」と言うのも気が引けますよね…急に、お金が必要になった、それもまとまった金額なので、困ったという状況に陥った際、借りられるところについて悩まれるという方もおいでになるのではないでしょうか。 一口に借りると言っても、色々あります。銀行や消費者金融などから借りる方法、国から借りる方法など様々です。 お金を借りられるというのは、審査に通るだけの信用などが必要になります。 そのため、普段からきちんと働いていたりすることが必要になるのです。 逆に、借りやすいからといって、借りる金額を増やしてしまうのは、借金を借金で返すというスパイラルに陥りやすくなりますので、注意が必要になります。 また、借りる金額を出来る限り、最小限に押さえるようにしましょう。 緊急事態にお金が必要になった場合、普段から備えておくことや、家族間の信頼関係などが大切になります。 また、お金かしてください…と保証人を立ててまで借りるよりも、無理しないで生活をなるべく送ること、シンプルに生活をするように習慣づけることが大切です。 お金を使うことばかりではなく、どうやって運用していくのか、また、どうやって活用していくのかということについて、よく考えましょう。 また、大きな出費がありそうだということが、予期出来る場合は、予期できなくても、副業などをやって副収入をやって収入を増やそうという努力をしましょう。 「お金かしてください!」と言ってすぐに貸してくれるところよりも、すぐに働ける一日単位の派遣、いわゆる日雇いになりますが、そういったアルバイトを探す方が、はるかに建設的です。