投稿日:

お金にまつわるエトセトラ

学生ローンとその後の就職

学生の頃に、親からの仕送りと少ないアルバイトで生計を立てる僕にとって、金欠状態はなれたものでした。飯田橋にある学校に行くのに、本当は近いところに住みたかったけど、家賃のこともあるから、千葉県から電車で通っていました。教科書を買うお金がなかったので、いろいろな人にあたってみたけど、みんなに断られました。アルバイト先の前借は門前払いでした。

5万円あればよかったんですけど無理でした。仕方ないから、ネットで探した学生ローンで用立てることにしました。当時の僕は、まだ具体的な就職先の希望はなく、漠然としてどこかに就職できればいいかなくらいの考えでした。学生ローンといえども、焦げ付けば、銀行やノンバンクなどの金融機関への就職が難しくなるというのは聞いていました。

多くのお金を日常的に扱う金融機関では、借金のある人は、顧客から集めたお金を自分のポケットに入れてしまうのではないかと思われるからだといいます。僕は、絶対に遅れないという強い意志のもとでの借り入れでした。結局、数か月後には、完済することができました。丁寧に対応してくれたローン会社の人に、就職に影響するか聞いてみたら、まず心配はないといわれました。


プロミスを理解しましょう

冠婚葬祭などのまとまった出費が重なって金欠となった時は、キャッシングをするのが一般的です。キャッシングは、主に個人に対して少額の金銭を貸し付ける事を意味しており、原則として保証人を必要としないので気軽に金銭を得られます。債権者は、債務者の信用情報を担保にして融資をしている仕組みです。借り入れ先に関しては多岐に渡りますが、顧客からの支持率が高いのはプロミスとなります。

プロミスの魅力は何と言っても金利が低い事が挙げられるので、利息の負担が軽減されます。そのため、利用者は返済で苦労をする事がなくなり、お金の調達で困る事が皆無です。プロミスでキャッシングをする際には、店頭で申し込みをするのが常識となっています。店頭であれば、スタッフの方が丁寧に対応してくれるので、疑問や不明な点などを質問して解決を図れます。結果として、契約後にトラブルを起こす事がないので安心です。

プロミスのATM、無人自動契約機、店舗の営業時間

多くの方が気にしている利息の金額は日割り計算となっており、お金を借りた日数及び金利に応じて算出されます。借り入れ期間が短ければ短いほど利息の負担が少額となるので、早めに完済できるように努力をする事が大事です。これが、利息の負担を必要最低限に抑える為の秘訣となります。


計画的に行うべき借金返済

これまでの生活で何度か借金を抱えたことがありますが、毎回度々借金が辛いと感じながら返済を続けてきました。多少の借金ならすぐに返済が出来るからそれほど気にすることはありませんでしたが、長期的な返済になりますと借金返済が苦になってきてしまい、最後の方はかなり苦痛に感じています。あまりそのような気持ちになりたくないため、出来るだけ借金返済は計画的に行うようにして、自分にあまり負担のないようにしています。

今までの生活でも多少なりとも計画的に返済していけるようにしていますが、それでも長期的な返済には計画通りにならないこともありますので、計画通りにならなそうな場合には、調整をするようにしています。しかし、計画を立てた状態で借りるようにしたことによって、返済が少し楽になったり負担が軽減できたので、借金返済を計画的に行うのは効果的だと思いました。

人によっては、計画を立てるのが苦手な人もいるので、この方法が必ずしも誰にでもお勧め出来るわけではないですけど、多少なりとも返済しやすくはなりますので、借金返済には良いと思います。今後も借金を背負うことになりそうなときには、今後の返済のことも考えた上で借りるようにしていこうと思います。

お金かしてください!っという言葉

お金かしてください!」と言うのも気が引けますよね…急に、お金が必要になった、それもまとまった金額なので、困ったという状況に陥った際、借りられるところについて悩まれるという方もおいでになるのではないでしょうか。一口に借りると言っても、色々あります。銀行や消費者金融などから借りる方法、国から借りる方法など様々です。お金を借りられるというのは、審査に通るだけの信用などが必要になります。

そのため、普段からきちんと働いていたりすることが必要になるのです。逆に、借りやすいからといって、借りる金額を増やしてしまうのは、借金を借金で返すというスパイラルに陥りやすくなりますので、注意が必要になります。また、借りる金額を出来る限り、最小限に押さえるようにしましょう。緊急事態にお金が必要になった場合、普段から備えておくことや、家族間の信頼関係などが大切になります。

また、お金かしてください…と保証人を立ててまで借りるよりも、無理しないで生活をなるべく送ること、シンプルに生活をするように習慣づけることが大切です。お金を使うことばかりではなく、どうやって運用していくのか、また、どうやって活用していくのかということについて、よく考えましょう。また、大きな出費がありそうだということが、予期出来る場合は、予期できなくても、副業などをやって副収入をやって収入を増やそうという努力をしましょう。

お金かしてください!」と言ってすぐに貸してくれるところよりも、すぐに働ける一日単位の派遣、いわゆる日雇いになりますが、そういったアルバイトを探す方が、はるかに建設的です